カート
伊勢昆布の神饌・地鎮祭・ご進物に
神事セット
神事地鎮祭
これから新築住宅を建築される施主様、施工される工務店様
また、例祭、歳旦祭のほか神社のお祭りの際のお供えにも

伊勢昆布ではお供え物に必要な乾物セットをご用意しております。
大切な儀式に最適な、品質の良い国産の乾物を取り揃えております。
 
 
地鎮祭とは

地鎮祭(じちんさい)とは、土木工事や建築工事を行う際、工事が無事に終わるように神主を招いて安全祈願する儀式のことです。その土地を守る氏神様に土地を利用させてもらう許可を得て、工事の安全を祈願するという意味があります。

 
地鎮祭のお供え物について

地鎮祭で必要なお供え物は大きく分けると下記の内容です。
◆神酒神饌・・・米、酒、水、塩(神様へお供え物の基本的なもの。)
◆海の幸・・・魚介類(尾頭付きの魚一尾と、乾物)
◆山の幸・・・果物と椎茸(干し椎茸)
◆野の幸・・・野菜と豆類
 
伊勢昆布では「海の幸」の乾物と「山の幸」の干し椎茸をセットにしてご用意しております。
その他にも国内産の乾物を取り揃えておりますので、ご要望があれば商品一覧でご覧くださいませ。
 
 
地鎮祭のお供えには国産の乾物を
伊勢昆布の神饌・地鎮祭・ご進物におすすめ
お供え、ご進物に
神事セット 10,000円(税込・送料込)

こちらのセットは地鎮祭のほか、神社の祭りや上棟式、お正月など、慶事のお供え物として広くご利用いただけます。
 
<神事セット内容>
・函館産 生干し スルメイカ 5枚
・函館産 真昆布 100g
・大分産 原木 乾燥しいたけ 80g
・長野産 棒寒天 5本
・のし5枚
 


昆布
縁起物として広く使われるのは昆布。「喜ぶ=よろこんぶ」は良く知られていますが、昆布の語源はアイヌ語のヒロメから来ており、「広い布」の意味を持つことから「広がる=繁栄していく」という意味があります。
 



どんこ椎茸
山の幸の代表的なきのことして椎茸をお供えします。昔は高価で貴重な椎茸は、お正月などしか食べられなかったため、大切な神事に用いられるようになりました。現代のお供え物としては日持ちがすることから乾物の椎茸も良く用いられます。
 



するめ
するめは縁起物として結納のときにも用いられます。縁起物として扱うときには「寿留女」と書くことは良く知られている通りです。「寿」「留」の字から、家庭が円満で長く続くこと、その家が長く幸せに続くことを意味します。
 



寒天
海菜の一つとして、棒寒天もお供えすることが多いです。寒天はテングサやオゴノリといった紅藻類(こうそうるい)という海藻が原料です。伊勢昆布の棒寒天は長野県産です。
 
 
確かな目利きと品質。「伊勢昆布」

伊勢昆布は、こだわりの乾物専門店です。
昔から海産物・乾物は長寿の元と 言われてきました。
遠く平安朝の昔から、 欠く事の出来ない保存食品として 親しまれてきました。
ひと味違う乾物専門店の昆布を、日本の古き良き味を、ご賞味ください。

こちらのセットは地鎮祭のほか、神社のお祭りや上棟式、お正月など、慶事のお供え物として広くご利用いただけます。
お供えするときは、三宝の上に立てて置くのが正式とされています。
地域によって違う場合があるので詳しくは、神主さんに伺ってください。
大切な慶事の神様へのお供えは、国内産の乾物が良いとされています。
是非、伊勢昆布をご利用ください。
 

■大容量のお問い合わせはこちら


桑名赤尾店
愛知県からほど近い三重県北部の都市、桑名市の店鋪です。住宅街の中心にあり、スーパーマーケットに隣接しているため、お車でお越しの方も安心して止められます。近隣の方はもちろん、名古屋からのアクセスも便利です。
 

511-0935 三重県桑名市赤尾台7丁目
TEL0594-73-7829
 
最近チェックした商品