カート

国産 原木 しいたけ

椎茸
12商品

世界からも注目を浴びるうま味と栄養価
水で戻すと、独特の香りと深いうま味のある出汁がとれる、干ししいたけ。生のしいたけと比べると、干ししいたけはケタ違いとも言えるほど栄養豊富。さらにうま味も増しており、料理に奥行きを生み出してくれます。

葉酸・食物繊維
椎茸に豊富に含まれる葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養として知られています。葉酸同様に干すことで増える食物繊維には、腸内環境を整える作用があり、便秘の改善が期待できます。
 
エリタデニン
エリタデニンはきのこ類では椎茸とマッシュルームにしか含まれていないとても珍しい成分です。この成分は血圧を下げる働きが期待でき、生活習慣病の予防に役立ちます。
 
グアニル酸
グアニル酸はしいたけのうま味のもとになる成分。血小板の凝集を抑えるはたらきがあるとされ、血液をサラサラにしてくれるため、心筋梗塞や脳梗塞といった血栓症の予防効果が期待されています。生のしいたけにはほとんど含まれず、干ししいたけを戻す過程で生成されます。
 
ビタミンD
天日干しによって増えたビタミンDは、カルシウムの吸収を促して骨の形成を助け、イライラを防ぐ作用が期待できます。
 

干ししいたけは、傘のひらきかたによって「冬據廖峭癪據廖峭畤」の3つの種類に大きく呼び分けられます。
 
「冬據廖覆匹鵑魁
傘が開ききらないうちに収穫した肉厚で丸みを帯びたもの。なかでも傘の色が薄く亀の甲羅のような美しい模様が入っているものは、さまざまな気象条件が揃ったときにだけ収穫できる高級品とされ、進物にも使われています。
 

「香據廖覆海Δ魁
冬擇塙畤の中間のサイズのもの。冬擇曚百櫃なく、開きすぎてもおらず、見栄えと食べ応えの両方を兼ね備えています。

【常温】徳用・大分しいたけ(カケ混り150g)たっぷり使えてお得!なんと15%オフの特別価格!
【常温】徳用・大分しいたけ(カケ混り150g)たっぷり使えてお得!なんと15%オフの特別価格!
1,280円(税込)
大分産の身の厚い大きめの物ばかりを集めてあります。大変お得。値段を気にせず、どんどん食べてください。

【常温】大分産・大葉しいたけ。大分産の身の厚い大きめを厳選!ちらし寿司・巻き寿司に向いてます!
【常温】大分産・大葉しいたけ。大分産の身の厚い大きめを厳選!ちらし寿司・巻き寿司に向いてます!
1,580円(税込)
大分産の身の厚い大きめで、色・形の良い物を集めてあります。ちらし寿司・巻き寿司など、味付けを終えておけば結構用途が多いのがこの一品です。

「香信」(こうしん)
傘が全体的に平たく開いたもので、厚みがそれほどないぶん、いろんな料理に使いやすいという特徴があります。


【常温】大分産・香信しいたけ(原木 80g)出汁向けに最適!
980円(税込)
大分産のちょうど使いやすい、香り・形・色の良い物ばかりを集めてあります。昆布ときくらげと合わせると、動脈硬化・成人病予防の王様になります。



 


干ししいたけは冷水でゆっくり戻すのが基本

美味しい戻し方
 
1.さっと洗って汚れを落とし、水気を切っておきます。
2.ボウルや保存用袋に干ししいたけと水を入れます。水は少なすぎると戻りが悪いので、3枚あたり200〜300ccは入れておきましょう。
3.常温だとうま味が出にくいので、冷蔵庫に入れて8時間以上寝かせます。できれば10時間以上置いておくと、よりうま味が出てくるのでおすすめです。 
 
 
短時間で戻す場合
 

1.さっと洗って汚れを落とし、水気を切っておきます。
2.耐熱容器に干ししいたけと水を入れ、電子レンジで2〜3分加熱します。
3.余裕があればそのまま15〜30分おいておきましょう。 
 
短時間で戻す方法は便利ですが、やはりおいしさの点では冷水から時間をかけて戻すほうが格別なので、できるだけ時間に余裕をもって戻してください。短時間で戻すときは、戻りの早い香信やスライスされているものを使うのもおすすめです。

戻し汁にはうまみがたっぷり
干し椎茸の戻し汁には、香りが移っているだけでなく、旨味成分が含まれています。捨てずに料理で活用しましょう。味噌汁やスープなどのだしとして使うのはもちろん、炒り鶏や中華炒めなどに入れても美味。香りが強いので、他のだし(かつおだし、鶏ガラスープなど)と組み合わせる場合には、香りづけ程度に加えるだけでも十分な風味が出せます。
干し椎茸は、おいしいだけでなく、料理にだしのコクも加わるのが魅力。上手に戻して、いろいろな料理で楽しんでください。 
 
 干ししいたけを使った料理

干し椎茸の煮物
 
材料 (作りやすい分量)

干し椎茸  … 50g
醤油 … 大さじ2
みりん … 大さじ2
砂糖 … 大さじ2

<作り方>
1.干し椎茸はため水の中で洗って、ホコリや小さなごみを落とします。水気を切ってボウルや鍋に入れ水400mlを加えます。その状態で一晩を目安に(7〜8時間)戻します。※冬場以外は冷蔵庫に。また、キッチンペーパーを広げて水まわりをよくすると戻りも均一になりやすいです。椎茸の中心部までしっかり戻れば、椎茸の軸を切り落とします。 

2.鍋に軸を落とした干し椎茸を広げ入れ、椎茸の戻し汁(全量)を細かいざるや茶こしで一度こしてから加えます。続けて、調味料を加え、軽く溶かし混ぜます。 

3.鍋を中火にかけ、沸いたらアクが出てくるのですくい取ります(煮汁が少なくてすくい取りにくいときは、鍋を傾けるなどして取るとよいです)。 

4.アクをある程度取ったら火を弱火にして、落し蓋をします。鍋肌の煮汁が軽くグツグツと沸いている状態で15分煮ます。※15分の間、ほったらかしにせず、途中1〜2度落し蓋を取って中を確認し、火が強すぎないかを確認しましょう。 

5.15分ほど煮たら煮汁がまだ鍋底一面にしっかり残っているくらいかと思います。あっさりめに仕上げたい場合は煮汁が少し残るくらいで止めてもOKですが、常備菜として弁当に入れたり、寿司と合わせたりするなら、ここからさらに煮ていきます。 

6.落し蓋を外して、さらに5〜10分ほど、煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めます。最後のほうは、時おり鍋を振って煮汁をからませつつ煮詰めてください。


 
確かな目利きと品質。「伊勢昆布」

伊勢昆布は、こだわりの乾物専門店です。
昔から海産物・乾物は長寿の元と 言われてきました。
遠く平安朝の昔から、 欠く事の出来ない保存食品として 親しまれてきました。
ひと味違う乾物専門店の昆布を、日本の古き良き味を、ご賞味ください。

 
最近チェックした商品