カート
すぐに使えるよう、二分切にカットした昆布です。
【常温】日高二分切こんぶ
850円(税込)
購入数
一袋

こ-09
【常温】日高二分切こんぶ
850円(税込)
すぐに使えるよう、二分切にカットした昆布です。
豆、椎茸などとよく合います。

日高ひだか昆布
(三石みついし昆布)
植物学的な名は三石昆布ですが、日高地方で取られたものが、特に日高昆布と呼ばれています。 柔らかくて煮えやすく、味も良いので、いろいろな用途に使える万能昆布です。
日高昆布
[利用方法]
柔らかくなりやすいので、煮物の具材や昆布巻に適しています。味も良いので、だし昆布にも適しています。

[加工品への利用]
出し昆布や佃煮昆布、昆布巻などの原材料として幅広く使用されます。

[形状]
長さ2〜7m、幅6〜15cmと狭く、へりは波うちがありません。濃い緑に黒味を帯びています。

日高昆布生息地
[生息地]
三石(みついし)町のある日高地方を主産地とし、東の十勝沿岸から白糠(しらぬか)に至る地域、一部道南白口浜から恵山(えさん)岬を経て汐首(しおくび)付近まで。成育する水深は10〜15m。

[産地名]
・日高地方 [富浜(とみはま)、門別、厚賀(あつが)、新冠(にいかっぷ)、静内(しずない)、春立(はるたち)、三石(みついし)、荻伏(おぎふし)、東栄(とうえい)、井寒台(いかんたい)、浦河、様似(さまに)、平宇(ひらう)、旭、冬島、近笛(ちかふえ)、本幌(ほんぽろ)、歌別、歌露(うたろ)、東洋、岬、庶野(しょや)]
・十勝産・渡島(おしま)[恵山、古武井(こぶい)、 尻岸内(しりきしない)]など
この商品を購入する
最近チェックした商品